根管治療

根管治療

重度の虫歯になった時には

重度の虫歯になった時には、根管治療が必要になる場合があります。根管治療とは、神経が通る管(根管)から神経や汚染された組織などを取り除き、きれいに清掃・消毒した後、充填剤を積めて細菌の再感染を防止する方法です。

当院では、できる限り神経を残すことを心がけていますが、そのままにしておくと激しい痛みがある場合などには、やむを得ず神経を取る(抜髄)ケースもあります。また、根管治療の経験・実績が豊富ですので、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いた精密な治療もおこなっております。重度の虫歯でお困りの方は、一度当院までご相談下さい。

マイクロスコープを使った精密な治療

マイクロスコープとは

マイクロスコープとは、患部を最大40倍まで拡大できる歯科用顕微鏡です。精密な根管治療をおこなうためには欠かせない機器ですが、導入している歯科医院はそう多くありません。日本の歯科医院全体で、導入しているところは「5%以下である」とされています。

肉眼では確認できない部分を、しっかりと見ることができます

マイクロスコープは、患部を最大40倍まで拡大して見ることができるので、肉眼で見えない部分も、隅々まできちんと確認することができます。そのため、非常に精密な処置が求められる場合でも、適切に治療して、精度の高い根管治療をおこなうことができます。また、治療内容を録画できるため、後で確認検討できます。

マイクロスコープを扱うには、熟練の技術が必要です

歯科医師であれば、誰でもマイクロスコープが扱えるというわけではありません。適切に操作して、効果的な治療を実現するためには、長年の経験に基づく熟練の技術が必要となります。

根管治療の流れ

1根管の長さを測定

根管内から神経を除去して、根管の長さを測定します。

2清掃・消毒

根管内から汚染された組織などをきれいに取り除き、細菌が残らないように、しっかり消毒します。

3薬剤を充填

充填材を、歯根の先端までしっかり充填して密封します。

4土台形成・補綴物装着

歯根部分に土台(コア)を形成して、その上に被せ物(クラウン)を装着させます。

医院からのお知らせ

新着情報

一覧へ >
2018/11/09NEW
12月10日(月)・11日(火)は研修会の為、休診いたします。よろしくお願いいたします。
2018/11/09NEW
11月13日(火)は医院内研修会の為、12時から15時まで休院いたします。救急の方は申し訳ございませんがこの時間以外でご連絡くださいませ。
2018/09/21
本日は医院内研修会の為、12時から15時まで休院いたします。救急の方は申し訳ございませんがこの時間以外でご連絡くださいませ。
2018/09/18
学会出席のため、10月26日(金)院長不在・10月27日(土)休診となりますのでよろしくお願いいたします。
2018/09/04
本日、台風のため17時で閉院致します。ご予約されています患者様には、大変ご迷惑をおかけ致しますがよろしくお願いいたします。なお救急の方は診療しますので、お気をつけて5時までにお越しくださいませ。
2018/06/19
エレベーター復旧の見込み
  • 歯医者さんの歯の教室
    歯医者さんの歯の教室
  • 患者様方のお声
    患者様方のお声
  • 院長の独り言
    院長の独り言

あなたに合った最良の治療を

患者様に「最良の治療」をご提供すること。それが当院の診療理念です。
その方の性別や年齢、ご希望などを踏まえた「あなたに合った治療」こそが、最良の治療だと考えています。

お気軽にお問い合わせ下さい 06-6391-1193 9:00~13:00 14:00~20:00 休診日 日曜・祝日 阪急宝塚本線「三国駅」直結
contact_tel_sp.png
staff staff blog